iOS/Android デバイスでポケモンGOの位置情報を偽装する7つの方法

吉冈翔太 | 2022/07/27

私はあらゆる種類の珍しいポケモンを集めたいと思っています。私のポケモンGOチュートリアルとヒントをあなたと共有できてうれしいです!

ポケモンGOをやる上で私にとっての最大の難関は近場でポケモンがゲットできないことでした。ローミングをして運試しのようなこともしましたが、イライラして疲れるだけのことがほとんどでした。

ポケモンを見つけるためにVPNを使って位置情報を調整することも試しましたが、結局動き続けないといけなかったのであまり良い選択肢ではなかったです。

しかしポケモンGOでGPSの位置情報をうまく偽装すれば、動くことなくポケモンGOが楽しめるのです!この記事を読めば、私のように家のソファで横になりながらレアポケモンをゲットできるようになります。

ポケモンGOチュートリアル

ポケモンGOチュートリアル

[最もおすすめの方法]LuckLuckGo を使って位置情報を偽装するするやり方

LuckLuckGo は脱獄不要で位置情報を変更できるプロフェッショナルなツールです。これを使えば移動することなく世界中のレアポケモンを捕まえることができます。さらに、位置情報を何度変えてもアカウントがBANされることもなく安全です。下のボタンからこのポケモンGO位置情報偽装アプリを無料でダウンロードできます。

LuckLuckGoの使い方

下記の手順でGPSの位置情報を変更できます。

  1. パソコンでLuckLuckGoをダウンロード ダウンロード し、開く。
  2. iPhoneを接続しSTARTをクリック。
    iPhoneをLuckLuckGoに接続

    iPhoneをLuckLuckGoに接続

  3. 3. 地図上でルートまたは目的地を設定し、スピードを調整。「Move」をクリック。
    LuckLuckGoでポケモンGOの位置情報を偽装

    LuckLuckGoでポケモンGOの位置情報を偽装

  4. 他にも位置情報偽装アプリを使ったことがあれば、位置情報を変更できるのはiPhoneがパソコンに接続されている間だけだと思うでしょう。でもLuckLuckGoは違うんです!

    もうパソコンの前だけでなく、どこにいてもこの大人気ゲームを楽しめます。パソコンにデバイスをUSBケーブルで繋げるのではなく、デバイスをWifiに接続すればいいだけです。

star
Trustpilot star

LuckLuckGoがおすすめの理由

  • 使い方が簡単でユーザーにやさしい
  • マップ上で偽装の位置や移動を設定し、自動的にポケモンGOと連動できる
  • ジョイスティックモードで上下左右自在にコントロール可能。より楽しいゲーム体験ができる。
  • iOS 16 、 iPhone 13、13 Pro を含むすべてのiPhoneモデル、iOSデバイスに対応。

ポケモンGO用iPokeGo

iPokeGo を使うとあなたの位置情報を実際のものからどこへでも変更でき、ワンランク上のポケモンゲット体験ができます。

ただし、Nianticがあなたの本当の位置情報を把握したら、アカウントをブロック(BAN)される可能性もありますので気を付けましょう。

ポケモンGO用iPokeGo

ポケモンGO用iPokeGo

特徴:

  • レーダー位置を変更
  • すべてのポケモン、ジム、ポケストップが表示される
  • 期間限定やイベント限定関連のポケモンがゲットできる残り時間が表示される
  • 地図上で近くにお気に入りのポケモンがいると通知される

手順

  1. パソコン上で最新版のIPAファイルをダウンロードし、Cydia Impactorをインストール。
  2. iOSデバイスをシステムに接続。
  3. Cydia Impactorを起動し、インターフェースにIPA ファイルを追加。
  4. アップルIDのメールアドレスとパスワードを1つずつ入力し、OKをクリック。
    これでアプリのインストールは完了。
  5. デバイス上の設定メニュー>一般>デバイスのマネジメントを開き、デバイスがアプリを読み込むことを許可。
  6.  デバイス上でアプリを有効にする

    デバイス上でアプリを有効にする

  7. 作成した新しいプロフィールを選択、信頼できるデバイスのリストに追加。
  8. iPokeGoを開き、設定メニューを開く。
  9. Wifiまたはモバイルデータ通信の選択ができる。また、ポケモン・ポケストップ・ジムのタブを利用可能に設定できる。
  10.  ポケモンGOの設定を自由に選択

    ポケモンGOの設定を自由に選択

  11. マップを開いて多種多様なポケモンを捕まえてみてください。

Pメリット:

  • 使いやすい
  • アップルウォッチと連動可能

デメリット:

  • iOSデバイスの脱獄が必要。難しく、リスクも大きい。
  • アカウントをブロック(BAN)される可能性が高い
  • 多くの機能が有料

iTools by ThinkSky

iTools を使ってポケモンGOで位置情報を偽装する上で1番いい点はiPhoneを脱獄しなくても地図上で位置情報を変更できるところだと思います。

iToolsを使って位置情報を偽装

iToolsを使って位置情報を偽装

手順:

  1. パソコン上でiTools Spooferを起動し、USBケーブルでiPhoneまたはiPadをシステムに接続。
  2. インターフェースからToolboxボタンをクリックし、Virtual Locationを選択。
  3.  メニューからVirtual Locationを選択

    メニューからVirtual Locationを選択

  4. バーチャルでポケモンGOをしたい場所を入力。情報を入力したらGOボタンをクリック。
  5.   新しい位置の情報を入力

    新しい位置の情報を入力

  6. プログラムのインターフェース上で任意の位置にピンを落とし、Move Hereのタブを押すと移動できる。
  7.  iTools上で位置を変更

    iTools上で位置を変更

メリット:

  • デバイスの脱獄の必要無し
  • 無数の位置に移動可能(プレミアムユーザーになる必要あり)
  • iPhoneのデータのバックアップや復元にも使用可能
  • 操作が簡単

デメリット:

  • 無料版では位置変更は3回まで
  • プレミアムプランは最安で月5ドル~

iPogo でGPSの位置情報を偽装

iPogo はポケモンGOの改造版アプリです。このアプリはポケモンGOのゲームを読み取り、新しく機能を追加していく点が他のものとの違いです。

この方法なら、様々な場所でお気に入りのポケモンを捕まえ、ユニークなご褒美や報酬が楽しめるなど、元々の位置からでは難しかったことも簡単にできるようになります。

ポケモンGO用iPogo

ポケモンGO用iPogo

特徴:

  • タマゴのブースター  マップ上でより多くのポケモンが見えるようになる
  • ノンシャイニーブロック  シャイニーポケモンだけを捕まえられるように設定する
  • キャッチアンドリリース  特定の無価値のポケモンをストレージからリリースする
ポケモンgoのためipogoを使用する方法

ポケモンgoのためipogoを使用する方法

手順:

  1. Cydia Impactorを使ってデバイスを脱獄する
  2. iPhone/iPadで3uTools を使ってiPogoのIPAファイルをダウンロード
  3. iPogoのアプリを起動させたままポケモンGOのアカウントに接続
  4. 設定を開きActiveをクリック
  5. ポケモンGOアプリに接続

    ポケモンGOアプリに接続

  6. コードを入力してActivateをクリック
  7. コードを入力してiPogoを始動させる

    コードを入力してiPogoを始動させる

  8. 最後に位置情報を変更し、ほかの土地でゲームを楽しめます
  9.  場所を選択し、キャッチするポケモンをフィルタリングします

    場所を選択し、キャッチするポケモンをフィルタリングします

メリット:

  • 効率よくレアポケモンをゲットできる
  • iOSとAndroid間での互換性あり

デメリット:

  1. デバイスの脱獄が必要
  2. ポケモンGOのアカウントが凍結、BANされる可能性がある
  3. 改造版アプリ
  4. プレミアム会員費が比較的高価格

AnyTo : パソコンを使用するAndroidの位置偽装アプリ

Android用のアプリ、AnyTo の使用中にGPS位置情報をマップ上の他の位置に変更できることに気が付きました。さらに良いのは、ポケモンGOだけでなく他のアプリでも同様にできることです。これによってマップ上で現在地を隠して別ルートで行動しているように見せられます。 私は実際にはニュージャージーの自宅にいたにも関わらず、ゲーム上ではニューヨークでピカチュウを捕まえていました。

Android用位置情報偽装アプリ

Android用位置情報偽装アプリ

手順:

  1. iMyFone AnyTo をデスクトップにダウンロード。
  2. USBデバッグを有効にするため、Androidのデバイス上の設定からシステム→端末情報を開く。
  3. ビルド番号を7回タップし、「これでデベロッパーになりました」というメッセージが表示されたのを確認する。
  4. 設定メニューから開発者オプションを開きUSBデバッグを有効にする。
  5. 次に、画面の指示に従ってAndroidデバイスをシステムに接続する。
  6.  AndroidデバイスをAnyToに接続する

    AndroidデバイスをAnyToに接続する

  7. AnyToのインターフェースからGamingをクリックし、マップを起動させる。検索欄に行きたい位置を入力してEnterをクリック。
  8.   ポケモンGOをしたい新しい位置を追加する

    ポケモンGOをしたい新しい位置を追加する

  9. 最後にポケモンGOをAndroidのデバイス上で開き、偽装した位置でポケモンを捕まえましょう。

メリット:

  • 使いやすい
  • 多様なAndroidモデルで使用可能

デメリット:

  • 有料 月$9.95 (約1400円)
  • デスクトップでソフトウェアをダウンロードする必要がある

Fake GPS Locationパソコンなしで位置情報を偽装する方法

Fake GPS LocationはAndroid用の位置情報偽装アプリです。apkリンクを使ってAndroidのスマートフォンやタブレットにインストールすれば、アカウントをBANされることなくポケモンGOの位置情報が偽装できます。また緯度と経度を入力することでも位置情報を変更できます。必要であればルートを移動する速さも設定可能です。

Fake GPS Locationアプリ

Fake GPS Locationアプリ

手順:

  1. Androidデバイス上でGoogle プレイストアからFake GPS Locationアプリをダウンロード
  2. 設定の開発者オプションを開く
  3. 疑似ロケーション(mock Location)を有効にする
  4. Mock Locationのアプリを開き、GPSジョイスティックを選択
  5. Mock Locationアプリを選択

    Mock Locationアプリを選択

  6. 最後に位置情報偽装アプリを開き、任意の位置に変更。ポケモンGOを違う場所で楽しめます
  7.  Fake GPS Locationアプリを使って位置情報を偽装

    Fake GPS Locationアプリを使って位置情報を偽装

メリット:

  • 3/5と高評価
  • 使いやすいアプリデザイン
  • パソコンでソフトウェアをダウンロードする必要がない

デメリット:

  • ポケモンGO上で、ある位置から別の位置まで移動しているフリは出来ない

Mock Location:ルート化の必要がないAndroidのポケモンGO位置情報偽装アプリ

Mock Locations もポケモンGOで位置情報を偽装するのに役立つ2022年の最新アプリです。 Androidデバイスをルート化する必要がなく、シンプル且つ安全にあなたの位置情報を変更することができます。ただ、無料トライアルは24時間であり、24時間が過ぎた後にも利用するにはフルバージョンを購入する必要があります。

Android用Mock Locationアプリ

Android用Mock Locationアプリ

手順:

  1. Googleプレイストアからアプリをインストール
  2. デバイスの設定を開き開発者オプションを選択
  3. 疑似ロケーション(Mock Location)を有効にし、Mock Locationアプリのセクションを開く
  4. リストからMock Locationを選択
  5. Select mock location app in developer options

    開発者オプションからMock Locationを選択

  6. アプリを開き、ポケモンGOをプレイしたい位置を選択
  7. 最後にポケモンGOを開き、5.で選択した位置でポケモンGOを楽しむことができる
  8. Mock Locationを使って新しいロケーションに調整

    Mock Locationを使って新しいロケーションに調整

メリット:

  • 使いやすい
  • 24時間までの無料トライアルが利用可能
  • パソコンにソフトウェアをダウンロードする必要がない

デメリット:

  • 無料トライアル終了後$99~$10.99のアイテムを購入しないといけない

避けるべき 機能していないポケモンGO位置情報偽装アプリ

機能しない位置情報偽装アプリは避けましょう

機能しない位置情報偽装アプリは避けましょう

ポケモンGOの位置情報を偽装・変更する方法をインターネットで探しているとはやく簡単に位置情報を偽装する方法を紹介しているビデオをいくつか見るかもしれません。 PokeGo++ はたったワンクリックで位置情報を変更できるプログラムだと言われています。キャラクターをスクリーン上の十字キーで動かせると言われ、非常に魅力的です。わざわざVPNと位置情報偽装アプリを使って行う方法より簡単そうだったので、私は興味を持ちました。

問題は、PokeGo++のようなアプリは機能しないという点です。紹介ビデオを見ると、 OkTweak.com、injectme.online、appskd.comのようなサイトを開いてブラウザからスマートフォンにアプリを落とすだけでいいという言い方をしています。しかし本当はこのようなアプリは存在していないのです。私の経験ではこのアプリを試す段階までいくこともできませんでした。代わりに、大量の広告がアプリに表示され、それをクリックし続けることでアクセスできないかのようでした。

私はこの方法でうまくいったことはありません。そのため、他の3つの方法とは違ってはやく簡単にポケモンGOの位置情報偽装アプリを”インジェクト”する方法は紹介できません。

その他避けるべき位置情報偽装アプリ:

  • Tutu App – 位置情報を偽装して快適にポケモンGOが楽しめる改造版アプリだと謳っていますが、アップルストアやGoogleプレイストアの要求する規定に合ってないため、利用者のポケモンGO のアカウントがBANされるケースがよくあります。
  • iSpoofer – ARのゲーム利用者の間で一時は人気だったプラットフォームですが、もう違います。iOS用のアプリは1年以上前に閉鎖されており、改造版アプリも入手可能ではありますが、アカウントの個人情報流出の可能性などリスクをともないます。

VPNで位置情報を偽装することはできますか?

ポケモンGOがGPS情報を基にするゲームであるため、VPNでは地図上で位置情報を変更することはできず、実際の現在地にとどまります。VPNのプラットフォームが流している噂に反して、実際にはVPNと位置情報偽装アプリを同時に使用するとアカウントがBANされる可能性があります。

VPNはブラウザのIP情報を変更するだけでポケモンGOのようなアプリ上は変更されません。そのため、LuckLuckGo を使ってゲームをしている間のみ位置情報を変える方がお勧めです。

ポケモンGO用VPN

ポケモンGO用VPN

安全にポケモンGOで位置情報を偽装するには?

ポケモンGOで安全に位置情報を偽装するためのおすすめの情報を下にまとめています。

  1. ポケモンGOのプレイ中のみGPSの動きを調整することがカギになります。そうでないとアカウントが検知されてBANされるリスクを常に背負っていることになるからです。
  2. ポケモンGO上でも頻繁に位置情報を変更することは避けましょう。
  3. 信頼できる位置情報偽装アプリを使用することが重要です。この点を加味すると、信頼性と競争力、高い互換性があり、リアリスティックモードやマルチスポットも使えるLuckLuckGoが最もおすすめのアプリになります。
  4. ポケモンGOを偽装した位置でプレイする際にiPogoなどの改造版アプリに頼るのは避けましょう。脱獄が必要となるツールで、あてになりません。
まとめ

現状の位置情報の制限は、捕まえられるポケモンも制限してしまいます。この記事ではその制限を取り除き、iOSまたはAndroidで位置情報を変更してポケモンGOで遊ぶための位置情報偽装アプリを紹介しました。

LuckLuckGo を使うと簡単にポケモンGO上の位置情報を偽装でき、バーチャルな移動は自動的にポケモンGOと連動します。この方法を用いて私のように家にいながらレアポケモンをゲットしてみてはいかがでしょうか!